2008年04月02日

花ダイエット

 フラワー・アレンジメントに使う花といえば、バラの花。

 真紅、濃いピンク、薄いピンク、オレンジ、パープル、ホワイト、つぼみから開きかけたものまで、四季を通じていろんなものが使われます。

 カーネーション、スィートピー、ガーベラ、アルストロメリア、トルコキキョウ、胡蝶蘭、デンファレ、デルフィニーム、オンシジューム、カラー、チューリップ、ユリ、サンダーソニアなどなど。春の菜の花、夏のひまわり、秋のリンドウ、冬の梅やぶんぶ仙などなど。


 最近は本来のシーズンにいらわらず、よお知っちゅう花も、聞いたこともないような変わった花も、通年で手にあだつものが多くなっちゅう。切花をのぞけば、さまざまな色と大きさの花が優雅に飾られちゅうが。


 フラワー・アレンジメントに使う葉ものとしちゃ、ユーカリ、アイビー、モンステラ、アレカヤシ、ハラン(葉蘭)、レザーファン、 ゴッドセフィアーナ、スマイラックスなど。春先は麦の穂なども使われます。

 そのほか、ブドウの実やつる、トウガラシなどもフラワー・アレンジメントであしらわれます。

 リース用にゃ、モス(苔)や、つる性の枝など。ヒイラギのリースはクリスマスの定番やか。


 それらの素材を吸ぶんぶ性スポンジ(オアシス)や剣山にさしこき、色・形をスタイリッシュにまとめあげ、バスケットやカップに入れたち、素敵なフラワー・アレンジメントがやききあがりやか。
ラベル:花ダイエット
posted by ダイエット大学生 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。